フォト

つぶやき(Twitter)

無料ブログはココログ

« ごちそうを前にして寝てられません! | トップページ | シャワー »

2010/09/18

生まれて初めての予防接種

く・・くびれが色っぽい!
最近所作が落ち着いてきたし、成長を感じますhappy01
20100918_kubire_r


今日はいつもの病院で、いつもの診察です。
今日の状態
20100918_eye_r


<診察1>全身チェック
本日の体重:2.3kg
いつのまに2キロ台に!!!
「骨格がしっかりしてきましたよ」(先生)

やっぱり大人びたです!
診察台でも、チャカチャカ動き回ることがなく、じっとしてました。


<診察2>緑内障 ・・※1
眼がそんなには巨大化しなくなったので良い傾向?と思ってたのですが
「穴があいていてそこから漏れているので、本来の状態ではない。
 穴は怪我だから、化膿しないようにする処置いるし、
 穴がふさがれば、巨大化するかもしれない。」(先生)

外科処置も教えてくださいましたが、
まだ状態がコロコロかわっているので、
何かしらの状態に安定するまでは内科処置を、とお願いしました。

まだ当分お世話になります、先生。 m(--)m
薬はリンパの循環を促す、目の膜を再生する、抗生物質。の3種だそうです。
(粉にして混ぜてくれています)


<診察3>予防接種 ・・※2
ついでに予防接種をしてきました。
完全室内飼育なので、感染しないと思いますけれど、念のため!
生まれて初めての予防接種です。

「先生、予防接種を受けたいのですが」
「あ、そうだね、いいよ」
 →ワクチンを準備→すぐ注射。 ガビー暴れず。(お見事!)

・・実は今日すぐに受けられるとは思ってなかったのですが。
手っ取り早くてなによりです。


<備考>
※1
緑内障=眼圧の上昇←原因は、主に房水の排出が阻害されることで起きる。
どこから房水が出てきているか?出すぎているか?
どう排出されたいるか?途中につまりがあるか?
を特定していくのは、
ガビーの場合、水晶体も無くなっているような状態なのでとても困難。
----
目の中には血液の代わりとなって栄養や酸素を運ぶ、房水(ぼうすい)と呼ばれる液体が流れています。
房水は毛様体でつくられシュレム管から排出されます。
眼の形状は、この房水の圧力によって保たれていて、これを『眼圧』と呼びます
緑内障は、眼の中の液体である房水の産生量と排出量のバランスが崩れ、
眼圧が異常なレベルにまで上昇すると起こります。


※2
3種混合ワクチン>>
1.猫ウイルス性鼻気管支炎
2.猫伝染性腸炎(猫汎白血球減少症)
3.猫カリシウイルス感染症)
----
赤ちゃん(生後3ヵ月位)で実施する場合は免疫がつきにくいので
その年にもう一度摂取する必要があるとのこと。
ガビー(生後5カ月弱)なら、一回打てば一年もつそうです。

« ごちそうを前にして寝てられません! | トップページ | シャワー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216027/49484987

この記事へのトラックバック一覧です: 生まれて初めての予防接種:

« ごちそうを前にして寝てられません! | トップページ | シャワー »