フォト

つぶやき(Twitter)

無料ブログはココログ

« ぶどう膜炎 | トップページ | 首輪 »

2010/08/07

ゴーストタビー

毛の色のお話です。

うっすらと見えていたこげ茶の縞模様が、最近薄れてきました。
真っ黒けdramaになりつつあります。

陽の光の下なら、前足、額辺りはなんとか縞が見えるかな?
だんだん色が変わってくなんて、面白いなぁ。
本日(8月7日)
20100807_ghosttabby


こちら、7月8日の写真。
このころは陽の光に当てるとはっきり縞模様が見えてました。
20100708_ghosttabby


ゴーストタビーについて。
ガビーは胸にエンジェルマーク(白)があるので「ソリッド(黒)、アンドホワイト(白斑)」?
で、耳の縁は黒いし、顎も黒。でも縞がうっすら見えるから、
ソリッド(黒)アンドホワイト(白斑)のゴーストタビー」??
うーん。勉強が必要だbearing
----
ソリッド(単色)、バイカラー(縞なしツートンカラー)、
スモーク(+銀色。毛の根元が白い)の猫に
うっすら縞模様が見えることがあります(はっきりしていることもあります)。
このような場合に、その縞模様のことをゴーストタビーと呼びます。

縞猫か縞なしかを見分けるには。
耳の内側の全体が白なら縞猫、耳の内側のふちに色が入っていたら縞なし猫。
その他、縞なし猫は、目のまわりに白のふちどりが入らない、
あごにも色が入っている(顔から胸にホワイトが入っていない場合)
といった特徴があります。
「R I E N Norwegian Forest Cat」より引用しました

« ぶどう膜炎 | トップページ | 首輪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216027/49100882

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーストタビー:

« ぶどう膜炎 | トップページ | 首輪 »