フォト

つぶやき(Twitter)

無料ブログはココログ

トップページ | 良い主治医に出会えたようです! »

2010/06/06

仔猫来る!

旦那のお父さんの49日の法要後、
ふらふらと散歩していたら捨て猫を見てしまいました。

黒猫で、いたいけな仔猫ですが、
素人目にも失明していることが分かるくらい目が腫れていました。
体は綺麗なので、目が原因で捨てられてしまったのでしょうか?
きれいな籠にいれられて傍には点眼薬まで置いてありました。

かわいそうだけどと、いったんはその場を離れたのですが
どう考えても、今日保護してやらなければ夜風で死んでしまう
でも旦那も、残されたお母さんのことで手いっぱい・・
恐る恐る病院まで車を出してもらえないか?と聞いてみたら
「かわいそうだけど、放っておきな」
あぁ、しまった!自分で何とかすればよかった・・
帰りの車でももう一度聞いてみたけど駄目で、
行動力のない自分に自己嫌悪していたら、見かねた旦那がUターン
あ・・ありがとう旦那!weep
実際に保護したら、「思っていたのと違う!こんな状態だったのか・・」と旦那絶句。
20100606nanasi_convert


とりあえず家についたのが21:00
どうも元気がなさすぎるので、色々Webで調べたところ、
捨て仔猫は、低体温とか低血糖になっている可能性があるとか。
夜間の動物病院へ駆け込んだのが24:00。

体温36.7℃。平熱・・ではなく、低体温状態。仔猫の体温は39℃位あってもよいらしい。
そして低血糖になっているとのこと。
食べていない→低血糖→燃焼できないので体温が維持できない→低体温 ということだそうです。
砂糖水をスポイトであげるとゴクゴクのみました。
即ICUへ直行 #これ、恒温槽?

しばらくして、改めて先生から状況説明。
低体温・低血糖は、ブドウ糖とa/d缶を投与(食べたらしい)、ICUでしばし過ごす。
目は今見えていない。また、今後回復も難しいとのこと。
やっぱり・・。かわいそうに!
眼やになどは除去してくれました。
感染予防のためインターフェロンを注射したとのこと。 

小1時間ICUに滞在し、ある程度体温が上昇したので帰宅を許可されました。
1万7千円(初診料8400円)で、技術料は普通でした。深夜だし、そんなもんかな。
第一、猫の命には替えられません!
猫に慣れている人なら自分で処置できるんだろうなぁ・・。
Img_50752


とにかく小さい!!
20100606_minimini_convert


自宅に帰ったのが25:30。
次の日ちゃんと会社に行きましたよ!

トップページ | 良い主治医に出会えたようです! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/216027/48634484

この記事へのトラックバック一覧です: 仔猫来る!:

トップページ | 良い主治医に出会えたようです! »